トップページ > ホームページ作成 > ホームページの情報をフィードで配信する方法

作成したホームページの情報をフィードで配信する方法

ホームページの情報をフィードで配信する

feed(フィード)を配信する為には
1 フィードを作成する。
2 サーバーへpingを送信する
このふたつの手順を踏みます。

まず、ホームページの <head> から </head> の部分(ヘッダ)に
フィード情報がある事を宣言するメタ情報を書き足します。

<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS 1.0" href="rss10.xml" />
この一行をコピーしてご利用ください。

優先して出したい情報ではありませんので、ヘッダの下の方でいいと思います。
(グーグルアナリティクスで設定したJavaScriptの上あたり)
この情報を全てのページに入れて、ホームページ側の設定は終わりです。

次に、feedを作成、配信をするのですが、
とても便利なソフトがあります。

Fumy RSS Makerはこちら(別タブ開きます)

Fumy RSS & Atom Makerというソフトウェアをダウンロードしましょう。
このソフトは難しい設定なく、フィードを作成&ping送信までやってくれます。

まず、覚えておきたい事。
このソフトはサーバーを調べるのではなく
自分のPCの中にあるホームページデータを調べてフィードを作ります。
なので、配信する必要のない、メールフォームのデータや画像ファイルなど
フォルダーごと配信をしない設定をしましょう。
配信する必要があるのはHTMLデータだけです。
FTP情報などを設定すれば、自動送信ボタンだけで全てやってくれます。

Ping(ピン)の送信先を追加できますので
以下のPingサーバーを追加しましょう。
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://ping.fc2.com
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ping.blogoon.net/
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://ping.namaan.net/rpc/
http://hamo-search.com/ping.php
http://ping.dendou.jp/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/

特に1行目はグーグルのPingサーバーなので重要です。

最初の設定は面倒ですが、一度やってしまえば、今後、全て自動で配信できます。

SITE MENU

NEWS

google+1

Facebook

Feed

Copyright(C) 東京WEB企画 All Rights Reserved.