トップページ > ホームページ作成 > ホームページのパスのお話

ホームページ作成 パスのお話

パスの設定方法

テンプレートもファイルの種類によって整理されています。
パスの指定方法の例
同じフォルダにgazou.jpgがある場合はそのまま gazou.jpgで指定できます。
imgフォルダのgazou.jpgを呼び出す場合 img/gazou.jpgと書きます。
imgフォルダの中のtopフォルダの中にgazou.jpgがある場合は img/top/gazou.jpgと書きます。
どんどん書き足すだけです。
また、ホームページが大きくなってくると、HTMLファイルも整理したくなります。
HTMLファイルがある一段上のフォルダのimgフォルダの中のgazou.jpgを指定する場合は
../img/gazou.jpg ../で上のフォルダを指定出来ます。
2階層上のフォルダを指定する場合は ../../img/gazou.jpg となります。
このように、そのHTMLファイルの場所を基準にして他のファイルを指定する方法を
相対パスといいます。
基準は全て、そのHTMLファイルがある場所で、
この上のフォルダにあるimgフォルダの中のgazou.jpgといった指定方法です。
相対パスの他に絶対パスという指定方法もあります。
http://からそのファイルを指定してしまう方法です。
通常使わない方法ですが、共有型SSLセキュリティを適応させたり、エラーページで使います。
エラーページの作り方は別でご説明します。
通常のホームページ内のリンクは基本的に相対パスでリンクしましょう。
絶対パスでリンクしてしまうと、同一ページだと認識されない事があり
サイトマップ作成やSEO対策に支障が出る場合があります。

SITE MENU

NEWS

google+1

Facebook

Feed

Copyright(C) 東京WEB企画 All Rights Reserved.